2011年03月18日

地震から一週間

昨日、本会議終了後の「全員協議会」という形で、区の対策本部の対応などについて、初めて直接説明があった。
議会として対策本部を設置することも出来るが、今回は見送られている。それはそれとして、区と議会の連絡会の類(それぞれ全員参加である必要はないけど)は、形式にとらわれず、もっと密であるべきじゃないか。
月曜日に、そんな思いから、議会としての動きを促した。
ここでもまた、議会そのものが問われている。
posted by じんの ゆずる at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

陳情を出されたことがありますか?

予算委員会が終わって、各常任・特別委員会が順次開かれ、昨日(15日)で全て終了。ほとんどどの委員会も、任期中最後の開会予定だったけど、最も問題だと考えたのは、陳情の取扱いについてだ。
一定の委員会で継続審査となったものは、もちろん次年度へ引き継がれるけど、今年のように改選をはさむ場合、審議未了となってしまう。つまり、同じ内容の陳情であっても、改選後に再度提出し直さなければならない。

区民環境委員会では、副委員長をさせて頂いているので、委員会の事前打合せ(いわゆる「正副」)の際、この点について言及させて頂いた。つまり、可能な限り結論(採択か不採択かなど)を出すべきではないかと。
残念ながら、今までのやり方を覆すところまではいかなかった。でも、この問題は、陳情の、いわば「出口論」として整理する(例えば、最大1年で原則結論を出すと決める)必要があり、従って、一委員会で解決出来ないことは、はっきりした。これも、今年度、初めて副委員長をさせて頂いて、やっと問題の根源がはっきりしたわけで、「議会改革」の重要テーマの一つとして、取り組まなければならない。
posted by じんの ゆずる at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

今思うこと

地震発生(3月11日)直後から、地元を駆け回っていると、「こんな揺れは生まれて初めて」「やっぱり備えなきゃね」と、皆さんが皆さん口にされていた。被災された方々や地域の、無事や復興を祈り、思いを馳せながら。
そして、停電への不安をはじめ、スーパーやコンビニの棚が空っぽだったり、スタンドに大行列が出来たり、直接的な影響が大きくなるにつれ、地方議会として何が出来るのか、考えさせられる。
一議員としては、こんな時こそいつも通り、地域の中の人間として活動を続けることが、大事なんじゃないか。
posted by じんの ゆずる at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

2月はにげる。

日常の活動と4年間の総まとめ、そして予算委員会に追われているうちに、3月になってしまった。

先週から始まった、今年度の最終補正と来年度の予算委には、駅頭も休んで準備をすることになってしまったけど、昨日、一般会計の質疑を終えた。採決が行われ、会派として賛成をした。
ぼくの出番は歳入と教育費だったけど、全体としての賛否の検討を行い、賛成と決めた。会派で提出した予算要望がどの程度盛り込まれているかを、冷静に考慮した結果だ。

それにしても、何故賛成(反対)するかを表明する場が、委員会にも本会議にもないことが問題だ。現状では、本会議を傍聴して(あるいはネットで見て)も、賛否の理由までは分からない。
だから、この点を含めた議会改革を、「ローカルマニフェスト」に盛り込んだ。政策は、一人で叫んでも形にならない。
危機感が高まる。
posted by じんの ゆずる at 06:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。