2011年03月16日

陳情を出されたことがありますか?

予算委員会が終わって、各常任・特別委員会が順次開かれ、昨日(15日)で全て終了。ほとんどどの委員会も、任期中最後の開会予定だったけど、最も問題だと考えたのは、陳情の取扱いについてだ。
一定の委員会で継続審査となったものは、もちろん次年度へ引き継がれるけど、今年のように改選をはさむ場合、審議未了となってしまう。つまり、同じ内容の陳情であっても、改選後に再度提出し直さなければならない。

区民環境委員会では、副委員長をさせて頂いているので、委員会の事前打合せ(いわゆる「正副」)の際、この点について言及させて頂いた。つまり、可能な限り結論(採択か不採択かなど)を出すべきではないかと。
残念ながら、今までのやり方を覆すところまではいかなかった。でも、この問題は、陳情の、いわば「出口論」として整理する(例えば、最大1年で原則結論を出すと決める)必要があり、従って、一委員会で解決出来ないことは、はっきりした。これも、今年度、初めて副委員長をさせて頂いて、やっと問題の根源がはっきりしたわけで、「議会改革」の重要テーマの一つとして、取り組まなければならない。
posted by じんの ゆずる at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。